画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ナビタイム、カーナビアプリで配達ドライバー向け機能を拡充

ナビタイム、カーナビアプリで配達ドライバー向け機能を拡充

ゼンリン地図チェック可能なコースも新設

ナビタイムジャパンは2月8日、iOS向けカーナビアプリ「カーナビタイム」のプレミアムプラスコースで、配達ドライバー向け機能を拡充すると発表した。

併せて、建物名や表札などが表記されているゼンリン住宅地図を見ることができる「住宅地図プラスコース」(月額税込み2000円)を新設。Android OS向けは2月中旬に提供を始める予定。

カーナビタイムは仕事で利用しているユーザーが全体の約5割と多く、2021年4月にはタクシードライバー向け機能を大幅拡充するなど、プロドライバー用機能にも力を入れている。中でもトラックドライバーのユーザーが多いことから、主に個人宅や企業への配達を担うドライバー向けの新機能を開発した。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

配達先を詳細情報とともに管理できる配達リスト機能

伝票等の住所を「配達地点」として、ステータス(配達中/不在/配達完了)や配達時間指定、置き配指定、荷物サイズなどの詳細情報とともに「配達リスト」に登録できる。
配達地点をリスト上で管理できるようになり、例えば「未配達で、配達指定時間が午前中」のように登録した情報での絞り込み検索も可能。

最大100件まで経由地を設定し、配達時間指定を考慮した最適巡回ルート検索

ルート検索時には、目的地/経由地入力画面から配達リストを呼び出し、リスト上で目的地と経由地(最大100件まで)を設定することで、詳細情報に登録している配達時間指定を考慮した、最適な巡回ルートを検索できる。
経由地には滞在時間も設定できるため、配達完了までの所要時間の目安も把握可能。

配達業に便利な行政界地図とゼンリン住宅地図

地図上では、市区町村や丁目などの行政区画の境界線が表示された「行政界地図」を見られるようになる。
さらに、今回新設する「住宅地図プラスコース」に登録すると、地図を「住宅地図」に切り替えることで、建物名や表札などが表記されているゼンリン住宅地図を表示。
地点検索時にも住宅地図を表示できるので、個人宅への配達時の誤配防止や、建物や表札を目印に移動するタクシーの送迎や引越業などのプロドライバーにも便利な機能となる。

(画像はナビタイムジャパン提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事