画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

川崎重工やKDDIなど、国内初の5G使いロボットが公道走行して配送する実証実験を東京・西新宿で実施

川崎重工やKDDIなど、国内初の5G使いロボットが公道走行して配送する実証実験を東京・西新宿で実施

早期の社会実装後押し

川崎重工業とKDDI、損害保険ジャパン、小田急電鉄、ホテル小田急 (ハイアット リージェンシー 東京)、ティアフォー、一般財団法人公園財団は2月9日、東京・西新宿から1月22日~2月10日の間、自動配送ロボットが次世代高速通信規格「5G」を活用して公道を走行し、ラストワンマイルの配送を行う実証実験 に国内で初めて取り組んでいると発表した。

2月3日以降は将来の自動配送ロボットの社会実装シーンを見据え、自動配送ロボットの自律走行を遠隔地で監視・操作する実証を行うなど、より効率性・可用性が高く安全な配送の実現を目指している。

今回の実験は東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス (5G等活用サービス) 実証事業」に採択された。参加している企業・団体は人間の移動に加え、「物が移動する」新たなスマートシティの実現に向け、自動配送サービスプラットフォーム事業の構築を検討している。

実験を通じて技術面・運用面・事業面の課題抽出と対応方針の策定を行い、社会課題解決と新たな価値を創造する事業として、早期の実用化を目指す。


投入している自動配送ロボット


実験の様子(いずれも参加各社提供)

自動配送ロボットは自動運転ソフトウエア「Autoware(オートウェア)」を搭載。5Gを使って遠隔監視による運用を行っている。
実験はハイアット リージェンシー 東京が提供するホテル飲食ケータリングサービスと自動配送サービスを組み合わせ、新成人にスマートシティ化が進む西新宿の未来のライフスタイルを体感してもらった。安定した自動走行で飲食物を荷崩れなく配送できた。

併せて、自動配送ロボットが走行する上での自動運転リスクアセスメント、自動配送ロボット専用保険、災害発生時などを想定したトラブルサポートや情報配信サービスの提供を検討。自動配送ロボットの社会実装を見据えたサポートサービスの検証も実施している。

これまで多くの公道自動運転実証で培った走行技術、運行管理技術、5Gを活用した遠隔監視システムによる見守りサービス、自動配送ロボットにおける高精度位置測位サービスの有用性も検証している。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事