画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

霞ヶ関キャピタル、埼玉・加須で1.6万㎡の物流施設開発本格化

霞ヶ関キャピタル、埼玉・加須で1.6万㎡の物流施設開発本格化

23年3月竣工見込む、2分割までの賃貸可能に

霞ヶ関キャピタルは3月1日、埼玉県加須市で物流施設「LOGI FLAG(ロジフラッグ)加須Ⅰ」の開発を本格的にスタートしたと発表した。同社がアセットマネジメント業務を担っている。

地上4階建て、延べ床面積は1万5579平方メートル。2023年3月の竣工を見込む。

東京都心から60キロメートル圏内、大宮から25キロメートル圏内の好立地に位置。東北自動車道の加須ICから約1.7キロメートル。国道125号線沿いで、圏央道の利用も至便。関東全域の物流に対応できると想定している。

マルチテナントにも対応し、2分割までの賃貸が可能な設計とする。荷物用エレベーター2基、垂直搬送機2基を実装し、効率的な庫内オペレーションをサポートする。併せて、1~2階に休憩室を設け、施設利用者の就業環境向上を図る。


竣工イメージ(霞ヶ関キャピタル提供)

施設計画概要
物件名称:LOGI FLAG 加須Ⅰ
所在地:埼玉県加須市北大桑字川端87番1 他
交通:東北自動車道「加須」ICより約1.7km、「久喜」ICより約10.4km
敷地面積:9120.29㎡
延べ床面積:15,579.15㎡
竣工予定:2023年3月
建物構造:鉄骨造地上4階建(耐火構造)
設計:株式会社熊谷組
施工:株式会社熊谷組
入居テナント:未定

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事