画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

西濃運輸、東京九州フェリー利用した3日目配達を開始

西濃運輸、東京九州フェリー利用した3日目配達を開始

BCP対策の一環、横浜~佐賀・鳥栖間

SHKライングループは3月3日、昨年7月に神奈川・横須賀~福岡・新門司間に新航路を開設したグループ会社の東京九州フェリーを利用した輸送を、西濃運輸が開始したと発表した。

今回の輸送は、西濃運輸の行うBCP(事業継続計画)対策の一環として、関東から九州への混載輸送に関し、東京九州フェリーを定期的に利用して運送する。

東京九州フェリーの物流部門マリネックスの車両を利用し、1日1台(月曜日から金曜日までの週5台)で開始。新門司港到着後は、佐賀県鳥栖市内のターミナルまで持ち込み、九州全域に3日目配達を行う。

3日目配達は鉄道輸送と同様だが、陸路で災害が発生した場合でも物流を止めることなく荷物を配送できるメリットがある。

西濃運輸横浜南支店を出発地として横須賀港まで陸送(約15キロメートル)、横須賀港から新門司港まではフェリー輸送(約980キロメートル)、新門司港から九州西濃運輸鳥栖北支店まで陸送(約95キロメートル)を輸送。全行程の約90%が海上輸送で、リードタイムは1日目深夜に出発、3日目午前には到着する。シャーシ輸送のため、フェリーの輸送部分は無人車航送となる。


出発地で待機するマリネックスのシャーシ


東京九州フェリー「はまゆう」


大量輸送が可能なフェリーの車両甲板

(画像はSHKライングループ提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事