画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

国内フェリー初、環境負荷低いLNGとA重油のデュアルフューエルエンジン搭載船が進水

国内フェリー初、環境負荷低いLNGとA重油のデュアルフューエルエンジン搭載船が進水

三菱造船が商船三井から受注、SOx排出ほぼゼロに

三菱造船は3月3日、商船三井から2隻を受注して建造中のLNG(液化天然ガス)燃料フェリーのうち、1番船の命名・進水式を山口県の三菱重工業下関造船所江浦工場で行ったと発表した。

「さんふらわあ くれない」と名付けられた同船は今後、艤装工事や試運転などを経て今年12月に商船三井へ引き渡された後、1997年から運航する「さんふらわあ あいぼり/さんふらわあ こばると」の代替船として大阪~大分・別府航路に2023年1月就航する予定。

同船は長さ約199.9メートル、幅28.0メートル、総トン数約1万7300トン、最大旅客定員数716人で、13メートルトラック約137台と乗用車約100台の積載能力を備えている。

主機関は、国内フェリー初となるLNGとA重油それぞれを燃料として使用できる高性能デュアルフューエルエンジンを搭載。CO2の排出量が従来比20%減、SOx(硫黄酸化物)の排出量がほぼゼロという優れた環境性能を達成しており、環境負荷の低減を図る。

また、既存船に比べて車両区画はトラックの積載台数を大幅に増やし、客室区画はドライバーズルームの拡充や定員1人当たりの面積を大幅に拡大。大浴場とレストランの拡大や3層吹き抜けのアトリウムをはじめとしたゆとりある開放的なパブリックスペースを設置するなど、モーダルシフトへの対応やカジュアルクルーズ進化への貢献を図っている。

(画像は三菱造船提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事