画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱ふそう、「eCanter」の架装仕様拡大2種を発表

三菱ふそう、「eCanter」の架装仕様拡大2種を発表

冷凍冷蔵車はキユーソー流通システムのグループ会社、サイドオープンのコンテナ車はトナミ運輸に納入

三菱ふそうトラック・バスは3月10日、電気小型トラック「eCanter(eキャンター)」の架装仕様を拡大したと発表した。

今回、eCanterとして国内初となる庫内乾燥機能付冷凍冷蔵車2台を、キユーソー流通システムのグループ会社キユーソーティスに納車した。

架装メーカーのトプレックが手掛けた当冷凍冷蔵車は、庫内を前後2室に仕切り、冷凍(フローズン)帯のマイナス30度から冷蔵(チルド)帯、常温帯、加温帯のプラス30度まで、幅広い温度帯に設定できるため、食品や医薬品など、様々な貨物に対応する。

また、庫内乾燥装置を搭載することで、結露水のふき取り作業や乾燥待ち時間が不要となり、作業員の負担軽減と作業時間の短縮に貢献するとともに、結露水による雑菌の繁殖を抑え、庫内を清潔に保つ。2台のeCanterは今後、キユーソー流通システムの東京SLC(東京都府中市)を起点とした配送業務に使用される。

また、「eCanter」国内初のサイドオープン仕様のコンテナ車2台を、トナミ運輸に納車した。同仕様は日本トレクスのキットを使用し、トナミ運輸の砺波整備工場が架装を行った。ウィングボデーよりも側面パネルの開放時の高さが低く、軒や天井が低い建屋への集配送に適しているのが特徴。

側面パネルは地面と平行に近い角度で開くため、日差しや雨よけの役割も果たす。納車した同仕様の2台は、富山市内での配送に使用される。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事