ビジネス書評・本棚からひとつかみ『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』

ビジネス書評・本棚からひとつかみ『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』

(川上和人著・新潮社)

 タイトルからして何やそれ?と脱力感満載の、鳥類学者による超風変わりな鳥エッセイ。無人島への生態調査などアクティブな活動ぶりとさまざまな鳥の生態紹介がメーンではあるが、「即刻メグロを都民の鳥に指定するのが道理だろう。私は茨城県民だが何か?」といった、ページごとに爆裂するボケやギャグがアカデミズムとはるか遠くかけ離れていて、逆に味わい深い。生態系保持の困難さと意義については打って変わって真剣に訴えていて、タイトルとは裏腹の“鳥愛”の深さに感心。(2017年4月刊・新潮社)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事