画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ライナフの「置き配 with Linough」がヤマト「マルチデジタルキープラットフォーム」と連携

ライナフの「置き配 with Linough」がヤマト「マルチデジタルキープラットフォーム」と連携

オートロックマンションでも安全に荷物配達可能

AI、IoTで不動産領域の業務デジタル化を後押しするライナフは3月28日、ライナフの置き配サービス「置き配 with Linough」とヤマト運輸が開発した複数のデジタルキーを一括管理するシステム「マルチデジタルキープラットフォーム」をAPI連携させたと発表した。

全国主要都市で既に運用を開始している大手ECサイトの置き配に続き、エントランス用スマートロック「NinjaEntrance」を設置した物件は同日受け取り分の宅配荷物から置き配を利用できる。対象はヤマト運輸のEC専用配送商品「EAZY」で、開始時は東京都練馬区と豊島区・板橋区の一部のオートロック付きマンション。

入居者のエントランスオートロック解除の承諾を得ていることを前提に、配送スタッフ専用のWebアプリケーションから、オートロックを解錠できる。暗号化通信を採用し、配送スタッフはセキュアな入館が可能。入居者はヤマトからeメールやLINEなどで通知される荷物の配達予定に記載されているリンクから、受け取り日時・場所を変更するページにアクセスし、置き配をする場所を選択。エントランスのオートロック解錠を承諾しておけば、自宅の玄関ドア前などで安全に荷物を受け取れるようになる。

ライナフは対象となるマンションを拡大させていくとともに、「NinjaEntrance」と連携可能な事業者(生協の配達やEC事業者など)とのパートナー連携も広げていく予定。


置き配の流れ(画像はいずれもライナフ提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事