画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

A.L.I. Technologies、丸紅とドローン使った港湾施設の点検・監視の実証実験に成功

A.L.I. Technologies、丸紅とドローン使った港湾施設の点検・監視の実証実験に成功

自社開発のドローン運航管理システム活用、上空から路面の事故現場確認可能に

A.L.I. Technologiesは3月31日、自社で開発しているドローンの運航管理・制御システム「C.O.S.M.O.S.(コスモス)」を設備点検などの実務に使えるかどうかの有効性評価に関する実証実験を丸紅と共同で実施、無事終了したと発表した。

仙台市による防災対応強化のための仙台BOSAI-TECHイノベーション創出促進事業「官民共同によるドローンを活用した港湾設備などの沿革点検・監視」に採択され、3月2~4日に仙台塩釜港湾事務所港湾道路で実施。港湾施設の点検・監視をメーンに、ドローンからのリアルタイムな情報確認・遠隔操作をC.O.S.M.O.S.で行い、運航管理システムの意義や有用性、ドローンからの映像の実用性を確認した。

飛行は高度60メートルで、自動飛行ルートをあらかじめ設定。ルート上に車両2台が絡む車両事故を模した現場を1カ所、路面に亀裂が走る1カ所を配置し、計2カ所の上空で事故の詳細を確認するため停止、高度40メートル付近まで下降して現場状況の確認をした。自動飛行中の現場上空での停止指示と、カメラジンバルの操作はC.O.S.M.O.S.上から行い、実践的な内容での実証と効果測定に成功した。

事故現場を模した現場では、発煙筒の煙はストリーミングされたC.O.S.M.O.S.の画面上からも確認できたが、路面の亀裂はストリーミングされてきた映像では解像度が低く、より高度を下げなければ確認できないことが判明。運用方法や映像伝送のシステム面の新たな課題も明らかになった。

同社は「今回の主題である点検・運用の場において運航管理システムが活用できるかという点については、現場に人員を割かずともドローンの運用ができるというC.O.S.M.O.S.の利便性、監視業務だけではなく防災活動など幅広い業務に活用できる実用性を充分に理解していただくことができた」と成果を強調。引き続き実用化を目指す方針だ。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事