画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日野自動車、グループの物流一元的に担う新会社を4月1日立ち上げ

日野自動車、グループの物流一元的に担う新会社を4月1日立ち上げ

国内外の部品や完成車など業務効率化、マテハン機器や情報システム開発も

日野自動車は3月31日、物流領域のサービスレベル向上と業務効率化を図るため、4月1日付でグループの物流事業を担う新たな子会社「日野グローバルロジスティクス」を創設すると発表した。

本社は東京都青梅市で野村不動産が開発した物流施設内に構えているグローバルパーツセンターの中に置く。国内外の生産・補給部品や完成車に関する物流全般を担当するほか、マテハン機器や情報システムの開発なども担う計画。

グループの日野ロジスパック(HLP)の事業は新会社へ段階的に統合、一本化する予定。

従来は完成車や部品などの物流業務に関し、日野本体とHLPがそれぞれの役割に応じて企画・管理、運用、実作業などを担ってきたが、重複している領域があり、物流業務全体を通じた最適化が課題となっていた。

新体制への移行で部品の発注・在庫管理、効率的な梱包・積載方法の検討、完成車配車の改善などを通じた効率化に加え、完成車物流を一元管理することで得たデータの活用や、ASEAN(東南アジア諸国連合)を中心としたグローバル物流基盤の構築にも取り組む。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事