画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

富士物流、茨城・阿見町で2万㎡の新たな物流拠点が営業開始

富士物流、茨城・阿見町で2万㎡の新たな物流拠点が営業開始

最大10トンの天井クレーン設置、重量品の取り扱いに注力

三菱倉庫グループの富士物流は4月5日、茨城県阿見町で新たな物流拠点「筑波物流センター」が竣工、同日に営業を開始したと発表した。

地上3階建て、延べ床面積は2万175平方メートル。茨城県県南エリアの事業拡大と、物流効率化など多様なニーズへの対応を目指し、昨年4月から建設を進めていた。最大10トンの天井クレーンを設置し、重量品の取り扱いに注力している。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の阿見東ICから至近で、関東の広域をカバーできる配送拠点として期待。建築基準法の規定を上回る耐震構造を採用するなど、BCP需要も考慮しているほか、LED照明や遮熱高断熱素材の導入など環境にも配慮している。

施設の概要

名称 筑波物流センター
所在地 茨城県稲敷郡阿見町よしわら一丁目19-2
敷地面積 14,139㎡(約4,277坪)
延べ床面積 20,175㎡(約6,103坪)
建物構造 鉄骨造、3階建
設備 ・計4基の天井クレーンを設置(10tx2基、5tx2基)
・環境負荷低減のために全館LED照明を採用
・空調設備、セキュリティ設備
営業開始日 2022年4月5日
関連情報 当物流センターの詳細は以下ページで紹介 https://www.fujibuturyu.co.jp/lp/tsukuba/

(藤原秀行)

nocategoryカテゴリの最新記事