画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

10分で食料品や日用品配達する「Qコマース」のOniGO、シードラウンドで総額7.2億円調達

10分で食料品や日用品配達する「Qコマース」のOniGO、シードラウンドで総額7.2億円調達

年内に東京23区カバー目指す

10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパーを運営し、Qコマース(Quick Commerce)を手掛けるスタートアップ企業のOniGO(オニゴー、東京都目黒区自由が丘)は4月8日、東京大学エッジキャピタルパートナーズがリード投資家を務めるシードラウンド(企業の立ち上げ期)で総額7.2億円を調達したと発表した。

本ラウンド後の累計調達額は約11.8億円に達した。

OniGOは日本初のダースクトア専業スタートアップとして2021年6月に創業。今回調達した資金は、データサイエンティストなどの人材採用やプロダクト改善のほか、新規拠点の開設・立ち上げ費用などに充てる。

今後は年内に東京23区をカバーする体制の確立を目z出す。4月8日には7店舗目となる永福店を東京都内に開設した。

OniGOは日本版Qコマースの事業モデルを推し進め、数年内に1兆円企業となることを視野に入れている。


(OniGO提供)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事