画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

強風下でも狭い土地へ正確に着陸可能な中型eVTOL、物流への応用可能

強風下でも狭い土地へ正確に着陸可能な中型eVTOL、物流への応用可能

ヤマトHDと豪サイクロテックが共同研究結果を公表、実用化目指す

ヤマトホールディングス(HD)は4月12日、オーストラリアで航空機用推進器機の開発を手掛けるCycloTech(サイクロテック)と2021年3月から続けてきた「強風下でも狭い土地へ正確に着陸できる中型eVTOL(電動垂直離着陸)航空機の成立性に関する共同研究」の概要を白書「未来の空の物流のためのサイクロローター(英文)」に取りまとめたと発表した。

白書は両社の技術を組み合わせて、eVTOLを物流に応用できる有効性を証明できたと強調。ヤマトHDは将来の実用化に向け取り組みを継続する方針。

共同研究はヤマトHDが開発した貨物ユニット「PUPA(Pod Unit for Parcel Air-transportation=ピューパ)701」と、サイクロテックが実用化した推進システム「サイクロローター」の2つを中核技術として展開してきた。

PUPA701はヤマトHDが現在活用を検討する物流eVTOL機に限らず、他の先端的な無人航空機にも搭載可能な貨物ユニット「PUPAシリーズ」の1つ。 機体から貨物ユニットを簡単に着脱できる設計を採用し、陸上でも安全かつ効率的なオペレーションを可能にしている。

サイクロローターはコンパクトな設計で、かつ瞬時に偏向推力を生む特徴を備えており、垂直離陸から水平飛行への自然な推移や高い機動性を持っている。電動サイクロローターを応用することで、運用に合わせた柔軟な機体設計が可能になると見込む。

共同研究により、物流eVTOL機におけるサイクロローター利用の有効性と実用性を理論上証明した。ヤマトHDは空の領域を活用した高付加価値のビジネスモデル構築を計画・促進していく構え。サイクロテックは引き続きサイクロローターの要素技術を高め、広く機体メーカーや運用者に提供する予定。

将来導入が予想される物流eVTOL機のイメージ
<地上イメージ>

<飛行イメージ>

(いずれもプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事