画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トヨタL&Fが国内初、冷凍・冷蔵倉庫仕様の自動運転フォークリフト発売

トヨタL&Fが国内初、冷凍・冷蔵倉庫仕様の自動運転フォークリフト発売

ニチレイロジと現場で実証試験、耐久性など有効と確認

豊田自動織機トヨタL&Fカンパニーは4月22日、冷凍・冷蔵(-25~10度)ゾーン間の移動を伴う作業に対応した国内初の自動運転フォーリフト「Rinova AGF 冷凍冷蔵仕様」を、全国40社のトヨタL&F取扱店を通じて同日発売したと発表した。

冷凍・冷蔵ゾーン間の移動は急激な温度変化により発生する結露や靄(もや)が機台や走行に影響を与えるため、自動運転フォークリフトを活用するのが難しかった。結露防止のため機台にヒーターを内蔵するなどの対策を講じ、製品化にこぎ着けた。

ニチレイロジグループ本社と2020年10月~②1年9月にかけて、冷凍・冷蔵倉庫で実証試験に臨み、機台の耐久性、同一機台での冷凍・冷蔵ゾーン間の移動、さらに有人フォークリフトとの共存に関して検証、有効性を確認した。

<製品基本情報>

定格重量 価格
1.0t~3.0tまで6種類 オープン


冷凍倉庫内で作業する「Rinova AGF 冷凍冷蔵仕様」(豊田自動織機トヨタL&Fカンパニー提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事