ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

三井物産都市開発、東京・板橋で新たに物流施設が完成

三井物産都市開発、東京・板橋で新たに物流施設が完成

首都圏初、「LOGIBASE」ブランド第1号

 三井物産都市開発は1月15日、東京・板橋で開発を進めていた物流施設「LOGIBASE(ロジベース)板橋」が昨年11月末に完成、運用をスタートしたと発表した。首都圏で手掛けた初の物流施設で、同社の独自ブランド「LOGIBASE」を冠した物件としても第一号となる。


「LOGIBASE板橋」の外観(三井物産都市開発提供)

 新施設は地上4階建て、延べ床面積9368平方メートル。首都高5号池袋線の高島平ICから約2キロメートルで、都心へのアクセスに優れている点が強み。住民を多数抱える高島平団地に近いなど、雇用確保の面でも優位性があるとみている。既に1棟借りの契約を獲得したという。

 同社は近畿圏でも2物件を完成させているほか、首都圏では他に2物件の開発を進めている。同ブランドを活用し、都心部近郊を中心に高機能の物流施設を建設していきたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

三井物産カテゴリの最新記事