画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NX中国、カスピ海経由で欧州に向かう新複合輸送ルートを開発

NX中国、カスピ海経由で欧州に向かう新複合輸送ルートを開発

上海のロックダウンやロシア回避、BCPにも対応

NIPPON EXPRESSホールディングスは5月11日、グループ会社のNX国際物流(中国)有限公司が、中国各地からカスピ海を経由して欧州に向かう新たな複合輸送サービスを4月1日に始めたと発表した。

中国各地からカザフスタン・アクタウまで鉄道で輸送した後、アクタウからは船舶を利用しアゼルバイジャン・バクーまでカスピ海を海上輸送する。バクーからトルコ・イスタンブールまで再び鉄道を使い、EU(欧州連合)側の鉄道またはトラックに積み替え欧州各地へつなげている。

運行は週1便で、リードタイムは西安からデュイスブルクまでの場合、50~55日程度。


(プレスリリースより引用)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国では上海市でロックダウン(都市封鎖)が長期化。空港・港湾の混雑に加え、上海市外を結ぶ華東エリアのトラック輸送が困難な状況が続くなど、物流が大きく混乱している。

NX中国は顧客のサプライチェーンを維持するため、現状の国際貨物列車「中欧班列」を利用した鉄道サービスのほか、混雑する上海港や浦東空港を回避し、中国国内の鉄道輸送と、海上輸送を組み合わせた複合輸送サービスを2ルート(①北ルート/青島・連雲港利用、②南ルート/寧波・温州港利用)を開発、サービス提供してきた。

新たに中国から欧州向けに、カザフスタンを経由し欧州各地へ輸送する「カスピ海ルート」を開発。今回スタートしたサービスはロシアを経由しない欧州向けのBCP用輸送モードとして利用できると見込む。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事