画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

生鮮食品EC「クックパッドマート」、ANA Cargoと連携し地方の食材を収穫翌日に1都3県へ

生鮮食品EC「クックパッドマート」、ANA Cargoと連携し地方の食材を収穫翌日に1都3県へ

独自の流通網と空輸を活用、専用宅配ボックスで受け取り

クックパッドは5月19日、ANA Cargoと連携し、生鮮食品のECサイト「クックパッドマート」で、地方の食材を収穫後、最短翌日に首都圏1都3県の消費者へ届けるサービスを始めると発表した。

クックパッドマート独自の食品流通網とANAの航空輸送を活用。トライアルで扱った高知の食材は、これまで収穫から生活者に届くまで5日程度要していたが、リードタイムを大幅に短縮することができた。

本連携の一環として、5月20日から開催されるイベント「Tokyo Tokyo Delicious Museum」に出店する。

クックパッドマートは生鮮食品や日配品など、約1万5千種類の商品を取り扱い、現在は1都3県の約700カ所に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置。ユーザーは指定したマートステーションで注文した商品をピックアップしたり、自宅配送サービスを活用したりして商品を受け取る。

高知県で地元の食材を取り扱う合同会社Harunaから首都圏の生活者に新鮮な高知の食材を届けたいとの相談を受け、2021年12月からANAグループの航空便とクックパッドマートの流通網を組み合わせ、本連携のトライアル運用をスタート。野菜などの配送リードタイムを大きく短縮することに成功した。

クックパッドマートのユーザーからアプリで注文を受けた地方の生産者は、ユーザーの指定する配送日に合わせてANAの集荷拠点(各地の空港)に商品を持ち込み、出荷。その後、ANA航空機で羽田空港へ空輸し、クックパッドマートの流通網から1都3県のマートステーションに届ける。


(いずれもクックパッド提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事