画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日野自動車、ラストワンマイル向けの小型BEVトラックを本日(6月28日)発売

日野自動車、ラストワンマイル向けの小型BEVトラックを本日(6月28日)発売

乗り降りしやすい超低床、ドライバー不足考慮し普通免許でも運転可能に

日野自動車は6月28日、ラストワンマイル配送領域で脱炭素を実現するための低床・前輪駆動小型BEV(バッテリー式電気自動車)トラック「日野デュトロ Z(ズィー) EV」を同日発売すると発表した。

同トラックは、既に今夏をめどに市場投入する方針を示していた。また、ヤマト運輸と組み、実際の宅配現場に投入して試験的に運用を続けてきた。

新たに開発したBEV専用シャシーを採用し、従来の後輪駆動者では実現が難しかった、ドライバーが乗り降りしやすい超低床構造を実現。配送作業の負担軽減を図る。

ドライバー不足を考慮し、普通免許で運転可能なコンパクトな車体を実現。同時に、必要な荷室・荷台空間を確保し、主に市街地での宅配に最適な造りとなっている。。

荷室に直接移動可能なウォークスルーバン型と、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型を設定。ユーザーのビジネス形態に合わせた架装を選択することが可能。

フルメンテナンスリースで提供し、電動車導入時や月々の支払い額が明瞭になるよう配慮。メンテナンスの行き届いた電動車を安定稼働させ、ユーザーのビジネス成長に貢献する。

EV商用車や充電器などの周辺機器の導入と、安心・効率的な稼働に不可欠なエネルギーマネジメントは日野のグループ会社CUBE-LINXが今秋に提供開始予定のソリューションを利用できるようにする。


ウォークスルーバン型(上)とキャブシャシ型(プレスリリースより引用)

主要諸元

ウォークスルーバン型 アルミバン(サイド扉付)
車両型式 ZAB-XED100V-AAAAA ZAB-XED100-ABAAA3
全長×全幅×全高 4,695×1,695×2,290 [mm] 4,690×1,925×2,480 [mm]
床面地上高 400(積車)/450(空車)[mm] 420(積車)/470(空車)[mm]
最大積載量 1,000 [kg] 1,050 [kg]
車両総重量 3,490 [kg] 3,460 [kg]
乗員 2人
モーター 種類 交流同期電動機
最高出力 50 [kW]
バッテリー 種類 リチウムイオンバッテリー
容量 40 [kWh]
充電方法

普通充電

急速充電(CHAdeMO方式)

WLTCモード一充電走行距離

(国土交通省審査値)※1

150 [km]

主な安全装備

PCS※2(プリクラッシュセーフティシステム)
誤発進抑制機能
クリアランスソナー
車線逸脱警報
電動パーキングブレーキ
バックカメラ&電子インナーミラー

※1:WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて大きく異なる。
※2:「PCS」はトヨタ自動車の商標。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事