画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ANAの環境負荷低い航空燃料SAF活用プログラム、新たに伊藤忠や運輸総研など4者が参加

ANAの環境負荷低い航空燃料SAF活用プログラム、新たに伊藤忠や運輸総研など4者が参加

航空領域のCO2排出量削減を促進

ANAホールディングスは6月28日、荷主企業などと組んで環境負荷が低い航空燃料SAFを活用し、航空領域のCO2排出削減を図るプログラム「SAF Flight Initiative:For the Next Generation」に、伊藤忠商事、野村ホールディングス、運輸総合研究所など4者が参加したと発表した。

SAFはバイオマスや廃食油、排ガスなど原材料の生産・収集から、製造、燃焼までのライフサイクルでCO2排出量を従来燃料より大幅に削減し、既存のインフラをそのまま活用できる持続可能な航空燃料。4者の従業員らが出張で利用する際の全日本運輸(ANA)便がプログラムの対象となる。

SAF Flight Initiativeは温室効果ガス排出量の算定・報告の国際基準「GHGプロトコル」で求められている、企業の事業全体で間接的に発生するCO2排出量の削減(スコープ3)に貢献することを目指したプログラム。

昨年10月には物流・貨物の顧客を対象としたカーゴ・プログラムでスタート。日本通運や近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス、三井倉庫エクスプレス、三井倉庫サプライチェーンソリューションが参加している。旅客輸送面でもSAFの利用をさらに広げることを目指す。


(いずれもプレスリリースより引用)

  • コーポレート・プログラム

  • カーゴ・プログラム

参加企業 伊藤忠商事株式会社、野村ホールディングス株式会社、一般社団法人運輸総合研究所等、計4社(2022年6月現在) 日本通運株式会社、株式会社近鉄エクスプレス、郵船ロジスティクス株式会社、三井倉庫エクスプレス株式会社・三井倉庫サプライチェーンソリューション株式会社、計4社(2022年6月現在)
参加方法 法人契約を締結
※SAF Flight Initiativeウェブサイトよりお申込みいただけます。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/ana-future-promise/saf-flight-initiative/
参加証明・認証 第三者機関の認証を受けたCO2削減証書を発行
対象・用途 従業員の出張によるCO2排出を削減(Scope3のカテゴリー6) 事業のバリューチェーンにおける輸送・配送(上流・下流)によるCO2排出を削減
(Scope3のカテゴリー4、9)
その他

活用方法
SAF Flight Initiativeのパートナーとして弊社媒体での社名、 コーポレートシンボル等の提供

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事