画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トヨタと日野、いすゞ、デンソー、CJPTの5社が大型商用車向け水素エンジンの企画・基礎研究開始

トヨタと日野、いすゞ、デンソー、CJPTの5社が大型商用車向け水素エンジンの企画・基礎研究開始

物流領域の脱炭素に貢献目指す

トヨタ自動車と日野自動車、いすゞ自動車、デンソー、Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の5社は7月8日、カーボンニュートラルの実現に向けた選択肢の一つとして内燃機関の活用拡大に向け、大型商用車向け水素エンジンの企画・基礎研究を開始したと発表した。

カーボンニュートラルを意識される中、ユーザーが要望している車両のパワートレーンはHEV(ハイブリッド車)やBEV(バッテリー電気自動車)、FCEV(燃料電池電気自動車)など多岐に分かれ、その一環として水素エンジンも注目されている。

大型商用車による運送・物流領域のCO2排出削減が強く求められる中、5社がタッグを組み、各社が積み重ねてきた技術やノウハウを活用して大型商用車における水素エンジンの可能性を検討する。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事