画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アサヒロジスティクス、トラックデザインを刷新

アサヒロジスティクス、トラックデザインを刷新

幅広い層に愛着感じてもらえるカラーリング採用

アサヒロジスティクスは7月12日、トラックのデザインを刷新したと発表した。7月5日に新デザインの車両導入を開始した。

4月に発表したロゴ・シンボルマークのリニューアルに伴うもので、以降は新規購入車両より新デザインへ移行する。

グループ会社のデイリースタッフも同様に新規購入車両から新デザインを使用する。


新デザイン

従来はグループ各社でそれぞれ異なるロゴ・シンボルマークを使用してきた。創業以来関東を中心に事業展開を行ってきたが、東日本、関西・中部へと拠点展開を進め、事業の幅を広げていることや、昨年4月にフレッシュ・ロジスティックがグループ入りしたことから、同社の認知度が低い地域への拠点展開や、新たな分野へのチャレンジを行うことを想定した際、「これがアサヒロジスティクスグループだ」と誰もが認識できる、共通のシンボルマークと新たなロゴマークの作成が必要と考え、刷新に踏み切った。

デザインに用いている「オリガミカラー」は①食品物流にふさわしく清潔感のある白色を基調とする②女性や子どもが見て愛着を感じてもらえるカラーリングにする――をコンセプトに1990年作成。新たなデザインでも踏襲している。


現行のトラックデザイン


グループ会社のロゴ・シンボルマークの変化(いずれもアサヒロジスティクス提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事