メルマガの配信元アドレスが変更となりました

中国系越境EC支援の4PX、DHLジャパンと連携しワンストップソリューション提供開始

中国系越境EC支援の4PX、DHLジャパンと連携しワンストップソリューション提供開始

梱包や通関、保管など一貫でサポート

EC向け物流を手掛け、アリババグループが出資している中国企業4PX EXPRESSの日本法人4PX EXPRESS JAPAN(大阪市)は11月11日、DHLジャパンと連携し、越境ECのワンストップソリューションを開始したと発表した。

国内の通販事業者にとって障壁や不安の多い越境ECのハードルを下げ、より簡単で安全、高品質な国際物流を提供する。

両社が連携して越境ECをサポートするのは初めて。DHLが強固な国際輸送網を活用。DHLでは通常対応していない梱包作業や、通関書類の作成・倉庫保管など「越境ECにおけるあらゆる煩雑な業務の一切」は4PXが担う。国ごとに違う慣習や手続きに関しても柔軟に対応し、状況に応じた様々な提案も可能。

両社はシステムをAPI連携させているため、ユーザーは梱包から始まり国際輸送、海外での返品に至るまで、必要な業務をワンストップで委託できる。


(4PX EXPRESS JAPAN提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事