画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ZMP、物流支援ロボットでユーザーがハンドルなどオプション選択可能なタイプの出荷開始

ZMP、物流支援ロボットでユーザーがハンドルなどオプション選択可能なタイプの出荷開始

スタンドアローンで利用可能、外部機器制御も

ZMPは7月22日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」のシリーズラインアップに、現場のニーズ・運用に合わせてユーザー自身がオプションを選べるAGV(無人搬送ロボット)「CarriRo Basic(キャリロベーシック)」の出荷を開始したと発表した。


CarriRo Basicとオプションとの組み合わせイメージ(プレスリリースより引用)

CarriRo Basicはベース車体に、ユーザーの現場に合わせてハンドル、UIハンドル、パレット積載オプションを選択。スタンドアローンで利用できる。

さらに、ZMPが独自に開発したロボット管理システム「ROBO-HI(ロボハイ」やシリアルIOにより外部機器の制御を行うことにも対応。自動で着脱可能なフルオート牽引アタッチメント、シャッター、エレベーター・リフターなどと連携させれば構内作業の完全無人化を実現できると見込む。

リース価格は月額3.7万円から。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事