画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

DHLジャパン、素材から流通まで「サステナブル」目指す森川マサノリ氏開催のファッションショーをサポート、物流施設で初開催へ

DHLジャパン、素材から流通まで「サステナブル」目指す森川マサノリ氏開催のファッションショーをサポート、物流施設で初開催へ

DHLジャパンは7月26日、東京・澁谷などで8月29日に始めるファッションショー「Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S」で、デザイナーの森川マサノリ氏が2021年に立ち上げたファッションブランド「BASICKS(ベイシックス)」のショー開催をサポートすると発表した。

環境負荷を低減したサステナブルロジスティクスの実現を目指すDHLが、素材から流通までサステナブルな取り組みをしている森川氏の新ブランドコンセプトに賛同。今回の機会がファッション業界全体の問題を考える一助になってほしいと考えて、サポートに踏み切った。

森川氏によるBASICKSコレクション世界初披露は、日本のファッション業界としても初の試みとなる物流施設を会場に開催が予定されている。詳細な場所は公表していない。


DHL x BASICKSロゴ(DHLジャパン提供)

森川氏はCHRISTIAN DADAのデザイナーとして、2018年まで東京でのファッション・ウィークに参加、その後はパリに発表の場を移していましたが、今回、新ブランドBASICKSのコレクション世界初披露をRakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/Sで行う。

DHLは、オフィシャルスポンサーとして、世界各地でファッション・ウィークの運営をサポートするほか、東京で行われるファッション・ウィークへも10年以上に渡り参加。2011年から17年まで、日本の才能を世界へ送り出すのを目的に「DHLデザイナーアワード」の授与を実施し、13組の若手デザイナーの海外進出をサポートしてきた。デザイナー森川氏との出会いは、13年に同氏がDHLデザイナーアワードを受賞したことが契機だったという。

DHLは、グローバルネットワークを活用したスピーディーで確実な輸送で世界各地の店舗へ最新ファッションを届けるなど、ファッション・アパレル製品のグローバルサプライチェーンを担う上でこれまで大きな役割を果たしてきたと自負。グループとして今年、循環型経済の実現に向けてファッション業界の課題を考察したホワイトペーパーを発行するなど、環境課題の解決を強力に支援していく方針。

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事