新型コロナウイルス感染症への対応について

ローソン、レンタル品返却など「非接触」の独自コンビニ物流サービスを関西で初展開へ

ローソン、レンタル品返却など「非接触」の独自コンビニ物流サービスを関西で初展開へ

15店舗に設置、9月1日から一部取り扱い開始

ローソンは8月31日、インターネット通販の購入商品返品やレンタル商品の返却、フリーマーケット(フリマ)への出品などを店頭の専用機器で受け付ける独自の物流サービス「SMARI(スマリ)」に関し、9月1日に大阪府内の15店舗で新たに開始すると発表した。

同サービスを関西で展開するのは初めて。当初は日本郵便が提供しているオークションサイトやフリマアプリに出品する商品の発送を担う「e発送サービス」を取り扱い、10月下旬からはEC商品やレンタルサービスの返品・返却も手掛ける予定。

同サービスは2019年4月に首都圏でスタート。店頭に置いた「スマリボックス」の扉を、EC事業者らが発行したQRコードをかざして開錠し、同時に印刷されるラベルを該当する商品に貼り付けて納めれば返却・返品手続きが完了する。

コンビニのレジで伝票への記入など面倒なやり取りをする必要がなく、消費者と店舗双方の負荷を減らすことができるのが強みだ。EC事業者らにとっても、自社サービスの利便性向上による利用拡大効果が見込めるのが魅力だ。

返却・返品は店舗へ納品した後のトラックの戻り便の空いたスペースに荷物を積み込んで物流センターへ持ち帰っている。既存の物流網を有効活用した静脈物流を実現した。スマリボックスは首都圏の約1000店舗に配置しており、1店舗当たりのスマリボックスの取扱件数は7月が3月から3倍以上に伸びている。新型コロナウイルスの感染拡大で非接触のやり取りが志向されていることが利用拡大につながっている。

スマリボックス配置店舗は9月中に2000を超える見通し。引き続き、関西や中部エリアなどで導入を検討していく考えだ。


店頭のスマリボックス(ローソンプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事