画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

自動走行ロボットが保冷しながら飲料や食品を販売、無人サービスの実証実験を千葉市で実施

自動走行ロボットが保冷しながら飲料や食品を販売、無人サービスの実証実験を千葉市で実施

京セラコミュニケーションシステム、公道走行は国内初

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は7月27日、温冷蔵機能を備えた無人自動走行ロボットが商品を運び、公園やマンションなどを周回して移動販売を行うサービスの実証実験を、千葉市美浜区の幕張新都心地区で同日開始したと発表した。公道(車道)を走行する無人自動走行ロボットを活用した移動販売の実証実験は、国内初。


(KCCS提供)

KCCSは、無人自動走行ロボットを活用し、必要な物やサービスを必要とする人の元へ届けることで、子どもから高齢者まで、誰もが安心・快適に住み続けられるまちづくりを支援することを目指しており、無人自動走行ロボットの多様な用途での活用可能性調査と、技術検証を行っている。

これまで、2021年8~9月に北海道石狩市、2022年3月に千葉市美浜区の幕張新都心地区で無人自動走行ロボットを活用した「配送サービス」の実証実験を行ってきた。今回、走行実績のある千葉市同エリアでロボットによる「移動販売サービス」の実証実験に踏み切った。

本実証実験では、冷蔵機能を備えた無人自動走行ロボットを使い、夏の暑い時期に冷たいドリンクやゼリーなど(イオンスタイル幕張ベイパークから提供)を公園、マンション、高齢者向け住宅などで販売する。

■実証実験の実施イメージ

本実証実験は、先進的なモビリティサービスの活用を目指し、「幕張新都心モビリティコンソーシアム」を運営する千葉市の支援を受けて実施する。KCCSは、今後も自治体や協力事業者と連携し、各地域のニーズや課題に即したサービスの実証を継続し、無人自動走行ロボットの社会実装に向けた活動に取り組む。

【実証実験について】
1.実施日時
2022年7月27日~8月10日 10時~18時(予定)
・期間中、土日含め週5日運行予定。
・悪天候や車両調整などにより走行中止の可能性あり。

2.走行予定エリア
千葉県千葉市美浜区若葉3丁目の一部区画

無人自動走行ロボットによる公道(車道)実証のための許可については、関東運輸局から車両の自動走行や近接・遠隔監視での運転操作が可能となるように保安基準緩和認定を受け、千葉県警察から自動走行ロボットの公道(車道)実証実験に関する道路使用許可を取得し、千葉市の協力を得て実施する。

3.本実証実験で使用する無人自動走行ロボットについて
ミニカー(長さ2.5m以下×幅1.3m以下×高さ2.0m以下)に準じた大きさ、最高速度15km/hのロボット。無人で自動走行するが、走行状況を常時遠隔監視し、自動回避が困難な状況では遠隔操作に切り替える。ロボットの商品積載部は保冷・保温の切り替えが可能。

■購入方法
サービス利用者は以下のように商品を購入できる。
(1)車体に搭載されたタッチパネルを使い購入する商品と個数を選択
(2)スマートフォンを使い電子マネーで決済
(3)ロッカーが解錠
(4)購入した商品を取り出す

4.各社の役割

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事