画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CBREインベストメントマネジメント・ジャパンが福岡・篠栗町で開発の9.4万㎡物流施設竣工

CBREインベストメントマネジメント・ジャパンが福岡・篠栗町で開発の9.4万㎡物流施設竣工

満床稼働、福岡空港や箱崎ふ頭から10km圏内

物流施設に特化したアセットマネジメント(AM)事業などを手掛けるecoプロパティーズは8月1日、福岡県糟屋郡篠栗町で、同社がAM事業を受託するシングルラウンプウェイのマルチテナント型物流施設「CBRE IM 福岡」が竣工したと発表した。

同施設はCBREインベストメントマネジメント・ジャパン(CBRE IM)が開発した。地上6階建て(倉庫部分5階建て)、延床面積は9万4396平方メートル。既に複数テナントが全フロアの賃貸借契約を締結済みという。


施設外観


エントランス

「CBRE IM 福岡」は、九州自動車道の福岡ICから約4.3キロメートル(車で約8分)、福岡空港や箱崎ふ頭からも直線距離で10キロメートル圏内に位置。周辺には住宅街が多く、庫内人員の確保にも優位性のある物流好適地に位置している。

標高80メートル超の高台にあり、ハザードマップで浸水などのリスクが低く、近年増加している豪雨による水害の影響を受けにくいエリアとなっている。


3階倉庫部分


館内利用者用ラウンジ(いずれもプレスリリースより引用)

倉庫は1平方メートル当たり床荷重2.0トン(1階のみ、その他階は1.5トン)、基本的な梁下有効高5.6メートル以上、1階から4階まで各階接
車可能(高床式トラックバース)、4階と5階はメゾネット仕様を採用。共用部分として「Lounge(ラウンジ)」を2カ所設置しているほか、外構部にはドライバー用トイレや自走式の3階建駐車場も用意している。

CBRE IMは、物流施設開発において省エネルギー対策の実施やエネルギー利用効率化の検討等、環境負荷に配慮した施設の建設を進めており、CBRE IM 福岡も館内照明をLEDとするなどの施策により「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」の最高位「5つ星」を取得している。

■施設概要
名称:CBRE IM 福岡
所在地:福岡県糟屋郡篠栗町津波黒111番77
敷地面積:56,969.61㎡
延床面積:94,396.57m2
構造:地上6階建(倉庫部分5階建)/鉄骨造
着工日:2021年4月
竣工日:2022年7月
認証取得:建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)5つ星

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事