商船三井の北海道電力向け石炭専用船が完成

商船三井の北海道電力向け石炭専用船が完成

全長235メートル、載貨重量8万8148トン

 商船三井は2月6日、北海道電力向け石炭専用船の命名竣工式をサノヤス造船水島製造所で行ったと発表した。

 同船はアイヌ語で“大きな山”の意を示す「ぽろぬぷり丸」(PORO NUPURI MARU)と名付けられ、苫東厚真発電所の石炭輸送で中心的な役割を担う。

 サイズは全長235.0メートル、全幅43.0メートル、型深20.0メートルで載貨重量は8万8148トン。揚げ地である苫小牧港の特性などを考慮し、各種の安全仕様を追加した幅広浅喫水タイプの最新鋭船を投入・運航していく。

(鳥羽俊一)


画像は商船三井ニュースリリースより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事