画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

アマゾンジャパン、環境保護やEC利用者の負荷低減へ梱包の簡素化拡大

アマゾンジャパン、環境保護やEC利用者の負荷低減へ梱包の簡素化拡大

紙袋を利用、メーカー梱包のまま配送も

アマゾンジャパンは8月30日、インターネット通販で購入した商品の梱包資材使用量削減と顧客体験の向上へ、梱包の簡素化を拡大したと発表した。

今後は紙袋で配送したり、アマゾンによる追加の梱包を省いたりして、メーカーの梱包による配送を広げていく予定。梱包の簡素化でアマゾンは梱包資材を減らして環境負荷を低減するとともに、顧客の梱包開封・処分に要する手間を減らせると見込む。

アマゾンは梱包の選定に機械学習を活用し、商品のサイズに適した段ボール製の箱や封筒などを使用することで、商品を保護しつつ、梱包を削減してきた。さらに踏み込んだ対応として、一部の物流施設に専用のオペレーションを追加し、段ボール製の箱や封筒といった梱包で出荷されていた日用品など、一部商品を対象に紙袋での配送をスタートした。

新たなオペレーションは、商品を保護しつつ梱包資材の削減ができるよう工夫している。商品保護の観点からギフトや危険物、壊れやすいもの、液体は紙袋での配送の対象外としている。

また、アマゾンは従来も大型・中型商品の一部はメーカーの梱包のまま配送していたが、一部の小型商品などもメーカーの梱包のままで配送できるようにした。紙袋による配送と同様、専用のオペレーションを経て出荷することで実現した。壊れやすいものや危険物、散乱しやすいもの、メディア(本やCDなど)、ギフトやコレクター向け商品、購入者のプライバシーに関わる商品は、メーカー梱包のままでの配送の対象には加えない。

今回発表した取り組みは、アマゾンが展開している独自配送網のみでの取り扱いとなる。

アマゾンは2015年から出荷時の梱包重量を38%、梱包資材を150万トン以上削減してきた。

(藤原秀行)※写真はアマゾンジャパン提供

経営/業界動向カテゴリの最新記事