画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日通NECロジ、品質評価センターで鉄道貨物輸送向けの振動再現試験サービスを開始

日通NECロジ、品質評価センターで鉄道貨物輸送向けの振動再現試験サービスを開始

温室効果ガス排出削減で需要増に対応、過剰包装の検証も可能に

日通NECロジスティクスは9月20日、東京都府中市の品質評価センターで、鉄道貨物輸送向けの振動再現試験サービスを開始したと発表した。


振動試験機(日通NECロジスティクス提供)

温室効果ガス排出削減へ鉄道貨物の需要が高まっていることに配慮。貨物の鉄道輸送を検討する企業様向けに同サービスを提供し、鉄道輸送における製品損傷の検証のほか、過剰な包装をしていないかを確認することを可能にし、包装材削減といった環境負荷低減にもつなげていくのが狙い。

「JIS Z 0232:2020」に準拠した振動再現試験を提供。データロガーで実際の輸送波形を取得し、そのデータを振動試験機へダイレクトに入力することで、発生する振動・衝撃をリアルに再現できる仕組み。実際の輸送経路の試験スケジュールを組むことで最適な輸送評価試験を提供できると見込む。

「JIS E 4031:2013」を拠り所にした加速試験(レベルアップ-試験時間短縮)を行うことで、評価の効率化もできるという。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事