画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トラックバース予約/受付システム、22年度は4割増の1550拠点に導入進むと展望

トラックバース予約/受付システム、22年度は4割増の1550拠点に導入進むと展望

矢野経済研究所、「2024年問題」意識と指摘

矢野経済研究所は10月4日、国内の倉庫内物流テックのうち、トラックのバース予約/受付システムに関する市場調査結果を公表した。


バース予約/受付システムの市場規模の推移(プレスリリースより引用)

2021年度のバース予約/受付システムの導入拠点数ベースの市場規模は、前年度比69%増の1100拠点と推計。22年度は40%増の1550拠点とみている。

20年度は新型コロナウイルス禍の影響で一時的に停滞したが、21年度以降は物流事業に対する投資意欲の回復、「2024年問題」を意識したトラックドライバーへの負担軽減の目的から導入が大きく増えたと分析している。

21年度と22年度上半期は、複数拠点を展開する事業者が1拠点にバース予約システムを導入し、トラックの待機時間・待機渋滞の緩和など、運用がうまくいったことから他の拠点へ横展開を広げ、大幅に導入拠点が増える傾向があったと指摘。同市場規模は24年度にかけて今後も伸びていくと予測する一方、24年度以降は増加のペースが比較的なだらかになっていくとの考えを示した。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事