画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ヤフーとアスクル、“ゆっくり宅配”選ぶとPayPayポイント付与の実証実験が好評で継続決定

ヤフーとアスクル、“ゆっくり宅配”選ぶとPayPayポイント付与の実証実験が好評で継続決定

ユーザーの約半数が利用、30~60代の女性目立つ

ヤフーとアスクルは10月14日、アスクルがYahoo! JAPANの協力を得て運営している一般消費者向けの日用品ショッピングサイト「LOHACO Yahoo!店(旧LOHACO PayPayモール店)」「LOHACO by AKSUL(LOHACO本店)」で、標準より遅い届け日指定でPayPayポイントがもらえる「おトク指定便」の実証実験を継続すると発表した。

実験は8月28日から10月9日まで実施。対象期間中、LOHACOユーザーの約半数が使うなど好評だったため、10月15日以降、対象日を毎週日曜日から「5のつく日」に変更した上で引き続き展開する。


(ヤフーとアスクル提供)

実験は、特定日の荷物量増加に伴う物流(出荷・配送)負荷を分散させることで物流の安定確保や効率化といった物流業界の課題解決を図るのが狙い。注文が集中する毎週日曜日を対象に1カ月余り実施した。

全体の注文者のうち、想定を上回る51%のユーザーが実験のサービスを利用したことが判明。付与ポイントが最大30円時で54%、最大20円/15円時でも48%と、金額にかかわらず一定数の利用があった。

利用しているユーザーの属性は、30~60代の女性が多く、コスメや食品(缶詰、スープ)などの、すぐ届く必要のないものが、期間中に売れる傾向があったという。一方、ベビー・キッズ関連商品、日用品などすぐに必要になるものは、最短到着日指定の配送利用が多く、商材によって、ニーズが分かれることが示された。

ヤフーとアスクルは「物流観点で見ても、お届け日を分散することで、狙いとしていた出荷の平準化を達成することができ、ユーザーも満足し、ストア・物流の課題も緩和できる双方にとって良い取り組みとなっている」と評価している。

ストア向けに実施したアンケートでは、出荷逼迫の課題感を感じ、本実証実験を利用してみたいと答えるストアは、半数以上の55%に上った。また、ユーザー向けのアンケートでも「本実証実験を利用してみたい」と答えたユーザーが約91%と非常に多く、ストア、ユーザーともに需要の高さがうかがえた。

今後はキャンペーン終了に伴い、対象日を毎週日曜日から「5のつく日」に変更し、日用品や食品以外にも「Yahoo!ショッピング」の家電やファッションカテゴリなどを扱う全ストアへの展開を視野に、引き続きユーザーニーズを把握していく構え。

【実証実験の概要】
■対象店舗:
LOHACO Yahoo!店 https://store.shopping.yahoo.co.jp/y-lohaco/
LOHACO by ASKUL(LOHACO本店) https://lohaco.yahoo.co.jp/

■実施期間:
2022年10月15日(土)~終了日未定 「5のつく日」の注文が対象

■注文条件
LOHACO Yahoo!店: 3,980円(税込)以上/1注文
LOHACO by ASKUL(LOHACO本店): 3,300円(税込)以上/1注文

■付与日:
注文日の翌月第一週目付与予定

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事