メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本通運、マレーシア現法が国内輸送サービスでGDP認証取得

日本通運、マレーシア現法が国内輸送サービスでGDP認証取得

クアラルンプール国際空港支店、医療機器などの取り扱い拡大目指す

日本通運は3月2日、マレーシアの現地法人がクアラルンプール国際空港支店で、同国内輸送に関して医薬品の適正な流通に関する国際的基準GDPの認証を取得したと発表した。

発効日は1月14日。経済成長が続くマレーシアでは国民の健康志向の高まりに伴い製薬業界の成長が見込まれている。マレーシア現法は同国内の病院に提供する医薬品配送業務を受託しているほか、クランロジスティクスセンター、クアラルンプール国際空港支店が既に医療機器物流の品質基準GDPMDの認証を取得済み。

GDP認証も得ることで、医療機器などの取り扱いをさらに増やしていきたい考えだ。


マレーシア現法のクアラルンプール国際空港支店(日通プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事