画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三井不動産とSGリアルティが初の共同開発物流施設、福岡・粕屋町で竣工

三井不動産とSGリアルティが初の共同開発物流施設、福岡・粕屋町で竣工

3.6万㎡、日立物流九州が1棟借り

三井不動産とSGホールディングスグループで不動産の賃貸・管理・開発事業を展開するSGリアルティは10月14日、福岡県粕屋町で、両社が初めて共同開発してきた物流施設「MFLP・SGリアルティ福岡粕屋」が9月30日に竣工したと発表した。

佐川急便の営業所として利用していた敷地を再開発し、地上4 階建て、合計延床面積3万6212平方メートルの施設を建設した。

三井不動産が開発計画のプロジェクトマネジメントを行い、竣工後はSGリアルティが施設の運営・管理を担う。日立物流九州が1棟借りする。同社としては福岡エリア最大の物流施設となる。

環境に配慮した物流施設を目指し、2023年3月に屋上への太陽光パネルの設置を計画。最高ランクの「ZEB認証」や「DBJ Green Building 認証 5スター」といった環境認証の取得も予定している。


施設の外観

九州自動車道の福岡ICから約1キロメートルと至近。福岡の都市部や九州広域へのスピーディーな配送が可能と見込む。JR九州篠栗線の門松駅徒歩17分と従業者の通勤利便性もあり、庫内作業の人材募集の観点でも優位性があるとみている。

各フロアの倉庫の有効高さは6.5メートルを確保。72時間対応の非常用発電機を備えるなど BCPにも配慮している。テナントの日立物流九州の要望を踏まえ、各フロアへ休憩コーナーを設置したり、会議室や応接室を導入したりと利便性・効率性を追求した就業環境を整備している。されています。

屋上には704キロワットの太陽光発電システムの設置を予定しており、年間の発電電力は約80万キロワット時を想定。省エネへの取り組みとして、Low-Eガラスや LED照明を採用した。

■「MFLP・SGリアルティ福岡粕屋」 施設概要

施設名称 MFLP・SGリアルティ福岡粕屋
所在地 福岡県糟屋郡粕屋町46-3
交通 九州自動車道「福岡IC」から約1km
JR九州篠栗線「門松」駅より徒歩17分
敷地面積 17,981.29㎡(約5,439坪)
延床面積 36,212.76㎡(約10,954坪)
構造・規模 鉄骨造・地上4階建
設計・施工 設計者:株式会社フクダ・アンド・パートナーズ
施工者:三井住友建設株式会社
竣工 2022年9月30日

■「MFLP・SG リアルティ福岡粕屋」 周辺地図
【広域地図】

【狭域地図】

(藤原秀行)※写真などは三井不動産とSGリアルティ提供

物流施設/不動産カテゴリの最新記事