画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トルビズオンなど、鳥取県初のドローン活用した医薬品配送実験

トルビズオンなど、鳥取県初のドローン活用した医薬品配送実験

一級河川上空を軸としたドローン航路網構築へ

ドローンの安全運行支援を手掛けるトルビズオンは10月19日、徳吉薬局(鳥取市)、NEXT MOTION(同)と連携し、鳥取県と鳥取市の協力も得て、千代川河川敷(鳥取市役所近隣)からAxisバードスタジアムまで、災害発生による道路寸断を想定した、医薬品・防災用品のドローン空路輸送の実験を同日実施したと発表した。

トルビズオンは今回の実験を契機として、一級河川上空を軸としたドローン航路網の構築に向け、検討を開始した。


実施体制

実証実験概要
(1)実施日時 10月19日(水)午前11時頃
(2)搬送物資 AED、第2類医薬品、医療材料
(3)実験内容 災害発生による道路寸断を想定した、医薬品・防災用品の空路輸送
(4)実施体制 主催:(有)徳吉薬局・(株)NEXT MOTION
協力:鳥取県・鳥取市
プロジェクトアドバイザリー:(株)トルビズオン
機体・運航管理:エアロセンス(株)
撮影協力:RUSEA(一般社団法人地域再生・防災ドローン利活用推進協会)
(5)使用機体 エアロセンス製「AS-MC03-T-Box」


千代川上空を飛行するドローン

(6)飛行ルート
千代川河川敷(鳥取市役所近隣)~Axisバードスタジアム(約5Km、約10分)


一次避難所のAxisバードスタジアムへ向けた空路

鳥取県沖を震源とする震度6の地震が発生したことを想定。被害状況の確認及び緊急物資配送を目的としたドローン搬送本部を鳥取市役所内に仮設置し、避難所のAxisバードスタジアムへ向けた緊急医療材料とAEDの搬送訓練を実施した。ドローン配送を活用することで、脱炭素社会の実現を目指し、将来見込まれるドライバー不足や過疎地域への配送など社会課題の解決と合わせて検証を図る。


ドローン搬送本部(鳥取市役所)


徳吉薬局内における医薬品詰め込みの様子


Axisバードスタジアム大型ビジョンでのライブ配信

NEXT MOTIONは、RUSEA(一般社団法人地域再生・防災ドローン利活用推進協会)鳥取支部・兵庫南支部に所属。実験で同社は低コストで運用できるライブ配信システムとクラウドサービスを組み合わせ、拠点の様子やドローン映像を同時に中継。ドローン搬送本部などからの状況把握を行うための仕組みを提案した。

実証実験は鳥取県の補助金「鳥取県デジタルグリーン物流推進補助金」を活用して行った。将来は非対面による医療の提供体制に対応していくのが目的。処方箋の電子化などと組み合わせて医薬品をドローンで配送するなど、医療のデジタル化を狙う。

また、中山間地域などへの医薬品の迅速な配送を進めていく足掛かりを整備することや、医薬品にとどまらず様々な物資を配送することで、次世代の配送業務の構築を目指す。

実証実験は2回行う予定で、1回目となる今回は医薬品や救急用品を主眼とした短距離の輸送を検証。2回目では、VTOL機(垂直離着陸機)を使用した医薬品・食料品の長距離輸送を検証する予定。課題や採算などを含めた実現性を見極めると同時に、地域に向けたドローンに対する社会受容性を高める活動を継続する。


取材に応じる関係者

(藤原秀行)※写真はいずれもトルビズオンなど提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事