画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

SBフレームワークス、物流軸にした BPO型課題解決サービスで「3PL・返品分析」開始

SBフレームワークス、物流軸にした BPO型課題解決サービスで「3PL・返品分析」開始

無駄を見つけ出し業務効率化支援

ソフトバンクグループで物流事業を手がけるSBフレームワークスは11月7日、物流業務を軸にして、その周辺のビジネス課題の解決にも貢献するサービス「もの・ことロジ」の第2弾として、「3PL・返品分析サービス」を同日開始したと発表した。

「もの・ことロジ」は、「もの」の流れ(物流)と、その周辺で発生する「こと」の流れ(業務プロセスと情報の流れ)を俯瞰することでオペレーションに潜む無駄を定量的に特定し、ビジネスの効率化を支援している。

第2弾はB2C物流の最適化の提案と、インターネット通販で発生する返品に潜む“ムダ”の分析に焦点を当てた3PL・返品分析サービスを利用できるようにした。

SBフレームワークスは、B2BからB2C、D2Cへと拡大する事業を一元的に支援する物流サービスを提供。今回の「もの・ことロジ」第2弾では、売り上げが伸びているネットショップで後回しにされがちな返品にまつわる対処について、出荷・返品に関わる“作業”と、作業を通して得られた“ファクト分析”の両面から、ECビジネスを支援すると説明している。


(SBフレームワークス提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事