画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

東芝デジタルソリューションズ、倉庫運用最適化する「WES」の提供開始

東芝デジタルソリューションズ、倉庫運用最適化する「WES」の提供開始

作業の完了時間予測、適切なリソース配分実現

東芝デジタルソリューションズは11月22日、倉庫運用最適化サービス「LADOCsuite/WES」の提供を同日開始したと発表した。

庫内の人と機械の物流作業に関し、データを俯瞰して進捗をリアルタイムに把握、作業の完了時間を予測し適切なリソース配分を行うなど、人と機械を賢くサポート・制御して倉庫運用の効率化に貢献できると想定している。

倉庫での荷物の入出庫や在庫管理など、人が行う作業を管理するWMS(倉庫管理システム)と、荷降ろし・搬送、ピッキング作業など、ロボットやマテリアルハンドリング機器(マテハン機器、コンベヤーやソーター)などの機械を制御するWCS(倉庫制御システム)の活用が進んでいる。

しかし、人を管理するWMSと機械を制御するWCSの両システムは通常、統合されていないため、人と機械の作業を適切に配分し、効率的な運用を行うには、経験と勘に頼らざるを得ないのが実情だった。

同社はWMSやWCSとつなぎ、人の作業と機械の作業を統合的に運用・管理できるよう、WES(倉庫運用管理システム)を開発した。

「LADOCsuite/WES」はWMSやWCSと連携し、クラウドベースで倉庫内の人と機械のデータを蓄積・可視化。分析・シミュレーションや最適化を行う。人と機械の作業データを俯瞰的に捉え、最適な作業計画を立て、進捗や負荷状況をリアルタイムに把握し、作業の完了時間を予測する。

第1弾としてWESとWMSの連携機能の提供を同日スタート。WESとWCSの連携機能も今冬以降、始める予定。

(藤原秀行)※写真はプレスリリースより引用

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事