画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

SkyDrive、ベトナム企業と「空飛ぶクルマ」最大100機のプレオーダーで合意

SkyDrive、ベトナム企業と「空飛ぶクルマ」最大100機のプレオーダーで合意

離発着場や給電インフラなどインフラ整備も

「空飛ぶクルマ」と物流用ドローンの開発を手掛けるSkyDriveは11月28日、ベトナムのPacific Group(パシフィックグループ)と、空飛ぶクルマ導入に関する覚書を同日付で締結したと発表した。

SkyDriveは設計開発中の「空飛ぶクルマ」の商用機「SkyDrive式SD-05型」(2人乗り)に関し、パシフィックグループと最大100機のプレオーダー(10機の確定、90機のオプション)で合意した。


ベトナムで執り行った覚書締結式典。(左から)SkyDrive・福澤知浩代表取締役CEO(最高経営責任者)、Pacific Group 会長兼社長のLe Ngoc Anh Minh氏(SkyDrive提供)

SkyDriveは現在、小型で電動、2人乗りの空飛ぶクルマ「SD-05」の開発に取り組んでいる。2021年10月には、国土交通省が「SD-05」の型式証明申請を受理し、日本で初めて空飛ぶクルマで型式証明を取得することを目指し、開発を推進している。

Pacific Groupはベトナムにおける鉄道や高速道路など、国から公共の仕事を受託し、インフラ開発を進めている。

ベトナムは日常的に深刻な交通渋滞が発生、社会問題となっている。両社は社会課題を解決するため、ベトナムで空飛ぶクルマの活用が重要と考え、本プレオーダーに合意した。両社は今後、ベトナムで空飛ぶクルマの活用による社会課題解決を目指し、運航オペレーター、バーティポート(離発着場)や給電インフラなど、必要な人材の育成やインフラ設備の導入を図る。


現在設計開発中の「SkyDrive式SD-05型」デザイン

(藤原秀行)※写真はSkyDrive提供

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事