画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

滋賀県内で昨年末並みの大雪発生した場合、初の広域的通行止め実施へ

滋賀県内で昨年末並みの大雪発生した場合、初の広域的通行止め実施へ

車両流入抑制、迂回ルートへ誘導

近畿地方整備局滋賀国道事務所や滋賀県、滋賀県警察などで構成する「滋賀県冬期情報連絡本部」は11月28日、2021年末の滋賀・彦根で起きた大雪の経験を基に、大雪発生時における新たな雪害対応を講じると発表した。

昨年末と同程度の大雪に見舞われた際は、降雪地域への車両流入を抑えるため、降雪地域外での経路選択が可能となるよう広域的な迂回ルートへ誘導するとともに、広域的な通行止めを滋賀県内で初めて実施する。

スタック車両の発生に伴う車両滞留の抑制や緊急車両の通行確保が狙い。

滋賀県冬期情報連絡本部はこのほか、西日本高速道路(NEXCO西日本)関西支社、中日本高速道路(NEXCO中日本)名古屋支社と金沢支社、彦根地方気象台が名を連ねている。

具体的なルートとして、昨年12月末の大雪時は名神高速道路の一宮ICから八日市IC間が通行止めとなったことを考慮し、通行止めに踏み切る場合は積雪地での除雪作業を円滑に実施するため、名神高速道路の京阪神側の端末ICを八日市ICから栗東湖南ICとした通行止めを滋賀県内で実施する。

その際は、併せて国道8号も集中除雪のため部分的に通行止めとする予定。同本部は、福井方面は国道161号、名古屋方面は新名神高速道路、国道1号などを利用した広域迂回を要請していく考え。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事