画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本ベネックス、千葉市で2.3MWの物流施設「屋根借り」メガソーラー稼働開始

日本ベネックス、千葉市で2.3MWの物流施設「屋根借り」メガソーラー稼働開始

18件目、プロロジス案件に

日本ベネックスは12月6日、千葉市の物流施設「プロロジスパーク千葉2」の屋根を賃借した出力2388kWの太陽光発電所「ベネックス千葉2ソーラーポート」の運転を開始したと発表した。


(日本ベネックス提供)

日本ベネックスが手掛ける屋根借り太陽光発電所としては18件目となる。11月3日に稼働した「ベネックス千葉1ソーラーポート」(出力3732kW)に隣接した物流施設「プロロジスパーク千葉2」の屋上屋根に4342枚の太陽電池モジュールを設置。年間予想発電量は、一般家庭約870世帯分に相当する約261万kWhを見込む。

【ベネックス千葉2ソーラーポート 概要】

発電所名 ベネックス千葉2ソーラーポート
事業主 株式会社日本ベネックス
所在地 千葉県千葉市
出力 2,388.1kW (DC)
FIT単価 10.7円/lWh
年間予想発電量 約2,610,000kWh (一般家庭約870世帯分)
パネルメーカー HTソーラー
PCSメーカー SMA
運転開始日 2022年12月3日

「ベネックス千葉2ソーラーポート」の稼働で、日本ベネックスの保有する自社発電所は35件(約40.2MW)に達した。このうち、屋根借り太陽光発電所は18件(約31.2MW)に上る。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事