三菱ふそうが名鉄運輸に電気小型トラック5台を納入

三菱ふそうが名鉄運輸に電気小型トラック5台を納入

東京・新砂支店を拠点に集配トラックとして使用

三菱ふそうトラック・バスは3月5日、名鉄運輸に電気小型トラック「eCanter」を5台納車したと発表した。

東京・新砂支店を拠点に集配トラックとして使用する。名鉄運輸は環境負荷軽減の取り組みにおいて、騒音がなく排出ガスを出さない電気トラックを選定。また従来のディーゼル車と比べて振動が少なくドライバーの精神的・身体的な負担を低減できると見込む。


名鉄運輸納入車両-電気小型トラック「eCanter」(三菱ふそうプレスリリースより)

名鉄運輸の内田亙社長は「環境負荷の少ない車両を導入し利用価値を高め、さらに拡大することで地球環境保持に取り組んでいく。騒音や振動が少ない電気トラックの導入により、ドライバーの労働環境改善の一役を担えると期待する」とのコメントを発表。

三菱ふそうの松永和夫会長は「CO2排出の削減とドライバーの負担軽減という大きな社会的課題を、車両メーカーとユーザーが手を携え取り組んでいくことは大変意義がある。こうした取り組みが日本全体に広がっていくことを期待している」と述べた。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事