もう1回言います、「シキ車」ファンは物流博物館へおいで!

もう1回言います、「シキ車」ファンは物流博物館へおいで!

実際に使われた車票や模型などお目見え、3月29日まで

関連記事:【物流博物館で「物流映画」を観よう!】「シキ車」ファンならマストですよ!1月定例上映ラインアップ

物流博物館は1月26日から、昨年11月に現役引退した大型貨物車「シキ800」関連のさよならミニ展示を行う。実際に使われた車票や、博物館で所蔵している「シキ613」の模型などがお目見えする。期間は3月29日まで。

シキ800は日本通運の私有貨車として1973年に製造された後、40年以上にわたり、主に大型変圧器の輸送を担ってきた。

併せて、1月26日には「シキ車」にフォーカスしたマンスリー上映会も開催する。予約は不要。博物館の入館料は高校生以上200円、65歳以上100円、中学生以下は無料。毎週月曜日や第4火曜日が休館。シキ車ファンは博物館に急ごう!


「シキ車800」(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事