メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤフー、ヤフオクやPayPayフリマで宅配ロッカー経由の非対面発送可能に

ヤフー、ヤフオクやPayPayフリマで宅配ロッカー経由の非対面発送可能に

ヤマトやフルタイムシステムと連携、22年1月に新築マンションでサービス開始へ

ヤフーとフルタイムシステム、ヤマト運輸は8月25日、ヤフーが展開しているインターネットオークション「ヤフオク!」、フリーマーケット(フリマ)サービス「PayPayフリマ」に関し、宅配ロッカーを介して非対面で出品する商品を発送できるサービスを開始すると発表した。

フルタイムシステムが同サービスに対応した宅配ロッカーの設置を進め、2022年1月に新築マンションで同サービスの提供を開始。23年3月までに全国3000棟のマンションに導入したい考え。

ヤフーとヤマトはこれまでにも、16年にヤフオクとPayPayフリマ向けに匿名で商品を配送できる「ヤフネコ!パック」の提供をスタートしたほか、18年にオープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」からの非対面発送に対応。20年にはポスト投函型配送サービス「ネコポス」を個人間取引で最安値に設定、提供を開始した。ヤマト運輸の配送商品「EAZY」の導入で、置き配を含めた多様な受け取り方を可能にするなど、利用者の利便性向上を進めてきた。

フルタイムシステムとタッグを組み、24時間365日好きな時間に自宅マンションから発送できる環境を整え、さらにヤフオクやPayPayフリマを利用しやすくする考え。


ロッカーから発送するイメージ(以下、いずれも3社提供)


サービスの流れ


マンションに設置したフルタイムシステムの宅配ロッカーのイメージ

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事