国交省、高速道4車線化の候補16カ所を公表

国交省、高速道4車線化の候補16カ所を公表

防災へ財投投融資活用、事業費4400億円

国土交通省は3月8日、財政投融資(財投)を活用し高速道路の暫定2車線区間を4車線化する候補16カ所を公表した。

政府が取りまとめた「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」の一環。土砂災害などの危険性が高く、特に交通網が寸断される恐れが強いことを選定理由に挙げている。

具体的には、延長距離の長い順に

・広島呉道路の坂北IC~呉IC(広島、約12・2キロメートル)

・道東自動車道のトマムIC~十勝清水IC(北海道、約9・5メートル)

・舞鶴若狭自動車道の大飯高浜IC~小浜西IC(福井、約7・8キロメートル)

・秋田自動車道の湯田IC~横手IC(秋田・岩手、約7・7キロメートル)

・東九州自動車道の大分宮河内IC~津久見IC(大分、約6・0キロメートル)

―など。総延長距離は約85キロメートル、総事業費は4400億円を見込む。

今後、国交省の社会資本整備審議会国土幹線道路部会での審議を経て、正式に決定したい考え。残る暫定2車線区間についても「防災上の観点および速度低下などの課題を踏まえ、今年の夏ごろをめどに、優先的に整備する区間をまとめ、順次整備を進める」と説明している。

(藤原秀行)

候補箇所の詳細資料はコチラ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

国土交通省カテゴリの最新記事