日本郵船が環境対応装置の資金調達で90億円のシローン契約

日本郵船が環境対応装置の資金調達で90億円のシローン契約

三菱UFJ銀行をアレンジャーに8金融機関が協調融資

日本郵船は3月20日、船舶燃料から硫黄分を除去する装置「スクラバー」の搭載に向けて必要な資金をシンジケートローンで調達することを発表した。同日に三菱UFJ銀行をアレンジャー、エージェントとする融資団との間でローン契約を締結した。


スクラバー搭載の様子(日本郵船ニュースリリースより)

融資額は90億円。日本格付研究所からグリーンローン原則への適合性について最上位評価「Green 1」を取得した国内初のシローンとなる。レンダーは三菱UFJ銀行を筆頭にJA愛知信連、信金中央金庫、西日本シティ銀行、広島銀行、武蔵野銀行、山口銀行など8金融機関。

日本郵船は環境対応の取り組みを財務面から支えるため2018年5月に外航海運として世界初のグリーンボンドを発行、同12月には太陽生命保険からメタノール燃料船の建造でグリーンローン借り入れ実施した。今回のシローン組成は3例目のグリーンファイナンス案件となり調達総額は200億円を超えた。

スクラバーは船舶のエンジンから排出されるSOx(硫黄酸化物)の量を86%削減することが可能。船舶燃料の硫黄分濃度に関する規制強化への対応手段の一つとされている。


スクラバー装置の仕組み(日本郵船ニュースリリースより)※クリックで拡大

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本郵船カテゴリの最新記事