鴻池運輸がインドで自動車の鉄道輸送事業に参入

鴻池運輸がインドで自動車の鉄道輸送事業に参入

300台が積載可能な車両を向こう2年間で9編成

鴻池運輸は3月25日、インドで自動車鉄道輸送事業(AFTO)に参入すると発表した。4月からデリー~バンガロール間で自社専用の鉄道車両1編成を運行する運び。

同社は2017年よりインドで鉄道コンテナ輸送事業(CTO)を展開しているが、現地で生産・販売を拡大する大手自動車メーカーからの要請を受けて鉄道による完成車輸送サービスを始めることにした。

現地合弁の事業会社「Joshi Konoike Transport & Infrastructure」(JKTI)を通じて約300台の小型車を積載できる専用車両(1編成27両)を運行。さらに後続で3編成が納入されることから、合計の運行体制は4編成・輸送能力は約4倍の1200台規模となる見通しだ。

また向こう2年間で9編成に拡充するほか、それ以降も積極的に追加車両を投入していく考え。並行してCTOでも先ごろ3編成目となる自社専用車両を導入、また4編成目を発注済みでこちらも引き続き能力増強を図る。

インドでは20年に予定されている日本との国家プロジェクトである貨物専用鉄道の開通を控え、貨物⾞両メーカー各社は⽣産能⼒を大きく上回る受注残を抱え納⾞に大幅な遅れが出るなどの課題が散見される。

同社は4月1日付でインド統括本部を設置。鉄道輸送事業やメディカル事業を成長領域と位置付ける。今回のAFTO参入はこの一環で今後もインド市場を積極的に開拓していく方針。

(鳥羽俊一)


新たに稼働開始したAFTO専用車両(鴻池運輸ニュースリリースより)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

鴻池運輸カテゴリの最新記事