日本郵便が軽四輪車1200台を電気自動車に切り替え

日本郵便が軽四輪車1200台を電気自動車に切り替え

三菱自動車製EVを20年度末までに都内などで段階導入

日本郵便は3月26日、2020年度末までに郵便物や荷物の近距離配送に使用する軽四輪自動車 1200 台をガソリン車から電気自動車(EV)に切り替えると発表した。

三菱自動車製の「ミニキャブ・ミーブバン」を採用。東京都内を中心に19年11月:200台、20年2月:200台、20年4月以降:800台と段階的に導入していく。新デザインは別途公表する予定。

同社は13年度にEVを試験導入して環境配慮や業務上の実用性・効率性などについて検証を行ってきたが、低排出ガス車への切り替えによるCO2削減は重要な社会的義務と定義。環境負荷の低いEV導入、ゆうパックの再配達削減への取り組みなどを通じて持続可能な社会の実現に貢献していく考え。

(鳥羽俊一)


現在使用中の電気自動車(日本郵便ニュースリリースより)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事