日販、北海道のセコマグループと共同配送へ

日販、北海道のセコマグループと共同配送へ

出版業界初、書籍や雑誌をコンビニ輸送に搭載

日本出版販売(日販)は4月3日、北海道を地盤とするコンビニチェーン「セイコーマート」の流通を担うセイコーフレッシュフーズと同15日から共同配送に乗り出すと発表した。

従来は出版専用便を仕立ててきたが、北海道のセイコーマート向けについてはセイコーフレッシュフーズが展開している物流網に書籍や雑誌を搭載する。セイコーマートを運営しているセコマは道内15カ所に物流センターを配置し、1日200台以上の配送車が175市町村に存在するセイコーマート店舗に商品を納めている。

日販は出版物専用便以外を使った共同配送は出版業界で初めてと説明。「出版物の流通量は今後も減少が予測されている。全国各地への出版物配送を継続するためには、各地域の特性を熟知したパートナー企業と協力し、他業界・他商材との共同配送を行っていく必要がある。日販とセコマグループは今後も共同物流の取り組みを検討していく」と話している。

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事