東京五輪の混雑回避へ1カ月間テレワーク一斉実施を呼び掛け

東京五輪の混雑回避へ1カ月間テレワーク一斉実施を呼び掛け

政府と東京都、関係団体が連携、物流円滑化など狙う

政府は4月19日、東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴う交通渋滞緩和に向け、テレワークの一斉実施を企業に呼び掛ける「テレワーク・デイズ2019」の参加登録受付を同日始めたと発表した。東京都や関係団体とも連携し、物流の円滑化や業務効率化などにつなげることを狙う。

2020年の大会前の本番テストとして、7月22日から9月6日までの約1カ月間を期間に設定。大会の開会式が行われる7月24日は「コア日」と位置付け、効果を測定する。政府は3000団体、延べ60万人の参加を目指す。

期間中には5日以上テレワークを実施するよう要望。東京都内の企業には、大会開催日程の7月22日~8月2日と8月19日~30日に集中して行うよう協力を求める。

5日間実施した18年は1682団体、延べ30万人以上が参加した。


「テレワーク・デイズ2019」のポスター(総務省など提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

政府・内閣カテゴリの最新記事