25年をめどに高速道路で完全自動運転実現

25年をめどに高速道路で完全自動運転実現

政府が「交通政策白書」で目標提示

政府は6月25日の閣議で、2019年版の「交通政策白書」を決定した。

この中で、自動運転に関し、20年をめどに高速道路で「レベル3」(特定条件下でシステムが運転を実施)の自動運転を、20年までに限定地域での「レベル4」(作動継続が困難な場合もシステムが対応)の自動運転移動サービスをそれぞれ実現する方向性を明示。さらに25年をめどに高速道路での完全自動運転(常にシステムが運転を実施)を達成するとの目標を示した。

また、新車の乗用車への自動ブレーキ搭載率を20年までに9割以上へ高めることも盛り込んだ。

(藤原秀行)

白書のダウンロードはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

政府・内閣カテゴリの最新記事